【家計改善】TH658 浄水カートリッジを安く買う方法3選

家計改善

(※アフィリエイト広告を利用しています)

TOTOの浄水カートリッジを安く買う方法をご紹介します。

浄水性能を下げる、まとめ買いする、互換品を使う、の3つです。

TH658シリーズの浄水カートリッジは2種類

浄水カートリッジは2種類用意されています。

違いは浄水性能です。

● 標準タイプは5物質が除去できます。

(型番:TH658S、定価:¥4,200)


● 高性能タイプは11物質が除去できます。

(型番:TH658-2、定価:¥4,900)


浄水器本体が次の品番であれば、

標準タイプ、高性能タイプのどちらを使っても問題ありません。

〜TH658シリーズが使用できる浄水器本体の品番〜

TKS05307型、TKS05308型、TKGG37型、TKGG39型、TK304A

節約方法① 浄水性能を下げる(11物質除去→5物質除去)

まずは、浄水性能を検討してみましょう。

浄水性能にこだわらない方は、

5物質除去の標準タイプを使用することで節約になります。

節約方法② 3個入りでまとめ買いする

浄水カートリッジは3個セットでも販売されています。

約1年分のまとめ買いです。

単品で購入するより、1個あたりの単価が安くなります。


標準タイプ、高性能タイプの両方ともセット販売があります。


● 標準タイプ(5物質除去)の3個セットです。

(型番:TH658-1S、定価:¥11,300)


● 高性能タイプ(11物質除去)の3個セットです。

(型番:TH658-3、定価:¥13,900)

節約方法③ 互換品を使う

最後に、互換品を使う方法をご紹介します。

飲料水なので、「純正品以外はちょっと・・・」という方にはあまりおすすめできません。

ちなみに、私は互換品を使用しています。

amazonで3本セットで5千円程度とかなり安いです。

使用感は全く問題ないので、レビューを載せておきます。

実物はこんな感じです。

純正品と遜色ありません。

互換品であることもきちんと表記されています。


しばらく使っていますが、不具合などは特にありません。

純正品のカートリッジを通した水と、

互換品のカートリッジを通した水とで飲み比べてみましたが、

私には違いがわからないくらいでした。

互換品でも十分おいしい水が頂けました。

タイトルとURLをコピーしました