オオクビキレガイの駆除方法と駆除剤(ナメクジにも効果的!)

害虫駆除

(※アフィリエイト広告を利用しています)

オオクビキレガイ”をご存知ですか?

庭や畑の害虫です。

私の家で大量発生しました。

比較的新しい外来種のため、情報がほとんどありません。

そのため、駆除剤を探すのに苦労しました。

いろいろ試した結果、ナメクジ駆除剤が効果的です。

最後に、よく効くオススメの駆除剤を紹介します!

オオクビキレガイとは

オオクビキレガイは地中海沿岸原産の陸貝(マイマイの仲間)です。

日本では 1988 年に初めて北九州市で確認され、今は全国で増加傾向です。

新しい外来種なので、あまり情報がありません。


私が発見したのは、雨の日でした。

見たことのないカタツムリだなと思いました。

カタツムリというより、巻き貝のほうが近い見た目です。

家庭菜園の野菜を食べられていて、害虫であることを確信しました。

早速インターネットで調べました。

「畑にいる貝」とか「庭にいる巻き貝」とかのキーワードを駆使して、

やっとの思いでオオクビキレガイ”だとわかりました。

キセルガイによく似ています!

オオクビキレガイの特徴

オオクビキレガイの見た目

成虫は2〜3cmの大きさで、殻の先が欠けています。

形が似ているもので、キセルガイがいます。

見つけた当初はキセルガイかと思っていました・・・。

出典:「オオクビキレガイの発生と生態」(農林水産省) (※写真を抜粋)

キセルガイとオオクビキレガイの見分け方

日本には元々、キセルガイという生物がいます。

オオクビキレガイとキセルガイはよく似ています。

見分けるポイントは、2つの特徴です。

出典:大阪市立自然史博物館「オオクビキレガイをさがしています」を当サイトで加工

オオクビキレガイは殻の先が欠けている

名前の通り、殻の先端が欠けています。

ただし、こどものうちは先が欠けておらず、見分けがつきません。

キセルガイは左巻き、オオクビキレガイは右巻き

最も大きな違いは、殻の巻き方向です。

キセルガイは、そのほとんどが左巻きです。

一方、オオクビキレガイは右巻きです。

オオクビキレガイは雑食性

野菜の食害のほか、他種のカタツムリを捕食するなど、雑食性です。

野菜も虫の死骸なども食べます!

オオクビキレガイは夜行性

日中は土中や石の下などに隠れています。

夜になると地上に現れて活発に活動します。

なので、普段はあまり見かけません。

オオクビキレガイは雨を好む

雨の日には地上に現れて活発に活動します。

私が発見したのも雨上がりでした

オオクビキレガイの活動季節

活動期は初夏〜秋のようです。

真夏の時期は地上に現れないように思われます。

オオクビキレガイの寿命

寿命は1年以上です。

様々な大きさの個体がいるため、数年は生存すると考えられます。

詳しい寿命は不明です。

地上に現れない時期は、土の中に潜んでいます。

全滅したと思いきや、翌年の春にはまた現れます!

オオクビキレガイの駆除方法

ナメクジの駆除剤が一番効果的です。

捕殺する方法はあまり効果がないと思ってください。

なぜなら、ほとんどは地中に隠れているためです。

地上に出てきた個体を捕殺しても、ほんの一部でしかありません。

ものすごい繁殖力のため、どんどん増えます。

駆除剤で増殖を抑えましょう

オオクビキレガイの駆除剤

オオクビキレガイの駆除剤を5つ紹介します。

いずれもナメクジ用として販売されています。

顆粒状で、撒いて使う餌タイプの殺虫剤です。

成分によって、使える場所が違います。

オオクビキレガイ駆除剤の比較表
ナメ退治
ベイト
ナメクジ
カダン
ナメナイトナメトールスラゴ
使える
場所
野菜××
有機

有機
ペット×××
効果
持続性
価格

駐車場や床下には「ナメ退治ベイト」か「ナメクジカダン」

いちばん安価です。



駆除の効果は抜群に良いです。

雨の日に様子を見てみたところ、薬剤をバクバク食べていました。

翌日、たくさん死滅していました



ただし、果樹や野菜などの作物の周りでは使えません。

芝生はOKです。



欠点は2つあります。

持続性と匂いです。

雨が降ったりするとふやけてしまい、カビが生えやすくなります。

独特の匂いもします。

家庭菜園や芝生には「ナメナイト」

「ナメナイト」は一番おすすめです。

野菜などの作物にも使えます。



それでいて、駆除効果も抜群です。

雨の日に様子を見てみたところ、薬剤をバクバク食べていました。

翌日、たくさん死滅していました



薬剤の耐久性も高く、雨でも劣化しにくいので長持ちします。

粒が小さいのも良い点です。

有機栽培またはペットを飼っている場合は「ナメトール」か「スラゴ」

安全性重視の2択です。

「ナメトール」か「スラゴ」です。

どちらも同じ天然成分を使用しています。

天然の土壌中にも存在する成分なので環境にやさしく、犬、猫などに安心です。

JAS(日本農林規格)が定める有機農産物にも使用できます。



ただし、効果がとても弱いです。

薬剤への喰い付きが良くありません。


しかし、「どうしても安全なものを」という場合、

選択肢は「ナメトール」か「スラゴ」のみになります。

迷ったらナメナイト

迷ったら、「ナメナイト」を試してみてください。

・効果抜群が抜群に良い

・雨でも簡単に劣化せず、薬剤の効果が長く続く

・野菜や果樹にも使える

・匂いがしない

オオクビキレガイの駆除には、「ナメナイト」がおすすめです。

ナメクジの駆除にも効果大

ここで紹介した駆除剤は、もちろんナメクジの駆除にも使えます。

効果も同様です。

駆除剤を使ってからは、ナメクジの数も激減しました。

用途に応じて使い分けてください。

迷ったら、「ナメナイト」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました